デザイン副業で3万円稼ぐ!チラシやカード、ポスター作成

この記事は約6分で読めます。

ライバルが少なく、大きく稼げる副業はデザイン

1件、数千円から10万円くらいまでの仕事があります。

パソコンが必要ですが、無料のアプリ、ソフトを使って稼ぐことができます。

チラシやポスター内に入れる素材(写真、会社やイベントのロゴ、イラスト等)や文章は、用意されていることが多いです。

仕事をするあなたは、パソコンを使って、文字のデザインや素材の配置などを考えながら作成します。

また、ネット上には、商用利用が可能な無料の素材も多数ありますから、これらを利用することもできます。

描画というと、タブレット型のパソコンにペンを使って描くイメージがありますが、ノートPCとマウスだけでもできます。

ライバルが少ない

クラウドソーシングでは、お店のチラシ(フライヤー)、飲食店のメニュー、新聞折込用広告・ちらし、ポストカード、会社の案内カード、リーフレット、ロゴ、バナー、ポップ広告、ポンチ絵などの仕事があります。

これらの仕事の中には、何日も誰も手を付けずに残っているものがあります。

作業は、パソコンがおすすめです。

描画ソフト、アプリに慣れれば、2.3時間で描けるようになります。

印刷業者の方に聞くと、材料集めを含めて、A4のちらしなら2.3時間くらいを目安にしていると聞いたことがあります。

契約から作業完了までにかかる時間は、デザインを考えたり、作画に要する時間以外に依頼者とのやりとりや修正作業のため、もう少し必要です。

知人のデザイン業の方は、依頼を受けてから、手帳などに必要な内容を書き留めて、他の仕事をしながらデザインを考え、少しずつ描くこともあれば、考えがまとまってから、一気に描くこともあるそうです。

一番時間がかかるのは、相手の意向を聞き取ったり、関連する情報集めだそうです。

しかし、クラウドソーシングでは、すでに依頼者が指示書として文章にまとめてくれていますから、相手の意向を聞いたり素材を集める時間は少なくてすみます。

クラウドソーシングでは、仕事の内容が一覧表示されています。

これらの中から、あなたができそうな仕事を選んで、仕事のページに進み、依頼内容を確認します。

該当のページに書かれている依頼内容、指示に従って、ちらしなどを描き依頼者に提案(依頼者に送る。クラウドソーシングのページ内からアップロード)します。

あなたの提案が選ばれると(コンペと言って、発注者は複数の提案、応募者の中から、デザインを選びます)依頼者とのやりとりのあと、あなたのデザインしたものを納品すれば、仕事が完了します。

納品後、修正指示があるかもしれません。

イラストの位置をずらしたり、書かれている文章などを変更したりします。

その指示に従って修正し納品すれば報酬をいただくことができます。

報酬は、クラウドソーシング会社からの振込になります。

有名なクラウドソーシング会社の一つクラウドワークスの場合、月2回、振込日が設定されています。

10万円の仕事

ちらしやポスター作りの仕事は、ライバルが少ないですが、クオリティーの高いものを要求している依頼者さんもいます。

これらの仕事の中には、10万円を超える報酬が提示されているものもありますが、これらに応募するのは、プロのイラストレーターの方などです。

ほとんどのプロは、専門のアプリを使って作成していると思います。

数千円から数万円の仕事

中には、ちらしを作成したい会社やお店の店長さん自身が忙しいからとか、絵心がないからなどの理由から、ちらしなどのデザインは、外注と決めている会社や個人店、団体もありますので、こうした依頼者を見つけます。

「指示した内容が書いてあれば、見栄えは気にしないよ」と言ってくれる方もいます。

内容から主に業者や関係者向けの案内ちらしだと思います。

作業は簡単で、内容(指示された文章)が入っていて、その内容がイメージできればいいとのことで、適当に配置するだけでした。

ふつうのパソコンとマウスで作業し、2.3時間できました。

修正指示がありましたが、図の位置を少しずらしたり、左右に配置した図を入れ替えるという程度のものでした。

納品する画像のデータ形式を見て、仕事を選ぶ

ai形式、aiデータとは、で納品する仕事は選ばない

初めての方は、この形式で納品する仕事を選ばないようがよいです。

ai(エーアイ)形式、aiデータとは、年間数万円の使用料が必要な高価なソフト、Adobe Illustrator(イラストレーター)形式のデータのことです。

印刷業者さんにデーターを持ち込んで、ポスターやちらしを印刷してもらう場合、ai形式、aiデータを指定されることがあります。

ai形式は、鮮明で高品質のものを印刷できると言われます。

持ち込むデータ形式によっては、印刷した状態が不鮮明で粗かったり、ボケて見えたりします。

印刷屋さんは、持ち込まれたデータのせいで不鮮明に印刷されているのに、依頼者から不鮮明だとクレームが付くのを嫌がりますから、高品質のデータを求めてきます。

印刷を頼む側がそれを知っていて、印刷状態は多少粗くても大丈夫という場合は、PDF形式やワード形式などで持ち込む(入稿)こともあります。

A4サイズやはがきサイズなら、ワードやエクセルで作成しても、印刷状態は、気にならないと思います。

私が勤める会社では、印刷屋さんへ持ち込むデータは、ワード、PDF、エクセルがほとんどです。

年に1、2度くらいイラストレーターを使ったデータを使ってチラシを注文することがありますが、A3、A4サイズなら、ワードやパワーポイント等で作ったものと比較しても、見た目は、気になりません。

ちらしやポスターは、その内容や情報が大切です。

ちらしやポスターを見た人が、紙面に記載された情報に基づいて行動(購買活動)すればよいので、見る側は、デザインの内容や素材などの品質(画質)などを気にしないことがほとんどです。

クラウドソーシングの仕事で、ai形式、aiデータで納品するものすべてではありませんが、発注者が高いクオリティーを求めている場合がありますので、ai形式で納品する案件は、避けたほうがよいと思います。

「Adobe社イラストレーターが使えること」が条件として記載されている場合もあり、高い完成度や高度な知識、技術を求めていると思われる場合があります。

また、ai形式、aiデータで納品できるワーカー(仕事をする人)は、Adobe社のイラストレーターを個人(会社)で持っているわけですから、デザインで仕事をしている可能性が高く、デザインで生計を立てている可能性があります。

コンペ(複数のワーカーがデザインを提案し、依頼者に選んでもらう)では、プロのクリエイター、デザイン家がライバル相手になってしまうかもしれません。

Adobe社のイラストレーターは、有料で、月々数千円、または年間数万円の使用料が必要です。

クラウドソーシングで、デザインの仕事をしてみて、やっていけそうだと思ったら購入するとよいと思います。

イラストレーターを購入したとしても、そのバージョンと、発注者のバージョンが違うと、印刷状態が異なる可能性があるので、常にお金を支払って最新の状態にしておく必要があるそうです。

少なくとも年に1度はアップデートしないといけないそうです。

自分のスキルを出品

Libre Office Drawなどの描画ソフトを使って、ロゴやちらしづくりに慣れてきたら、あなたのスキルを販売してみてはいかがでしょうか。

テレビのCMでも流れているココナラは、デザインだけでなく、アクセサリー作りや占いなど、あなたのスキルを販売することができます。

ココナラでの出品は、いつ注文があるか分かりません。

本業をもっている場合、ココナラで期限がある仕事の注文が入ると、その仕事に対応できないかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました