情報商材とは?詐欺商材を見分けるポイントを解説

この記事は約6分で読めます。

情報商材とは、どのようなものを指しているのでしょうか?

情報商材はたくさん存在するため、なかには悪質な情報商材もいないわけではないのが実際のところです。

悪質な情報商材に騙されないようにするには、情報商材についてしっかり把握しておく必要があるでしょう。

今回は、情報商材の特徴とともに、詐欺商材を見分ける方法を紹介します。

騙された場合に返金してもらうための方法についても触れるので、ぜひ参考にしてください。

情報商材って何のこと?

そもそも情報商材とは、何のことを表しているのでしょうか?

ここでは、情報商材の定義について詳しく紹介します。

合わせて、情報商材による詐欺の事例についても説明するので、しっかり確認しておきましょう。

情報商材とは?

情報商材とは、ブログなどのツールを利用し、情報商材を販売する人のことです。

情報商材とは、さまざまな物事についてのノウハウを集めた指南書を意味します。

情報商材の内容としては、ギャンブルで勝つ方法や効果的なアフィリエイトの方法などがあ挙げられます。

お金を稼ぐ方法以外にも、恋愛や肥満といったコンプレックスを解消するための情報をまとめた商材も人気があります。

情報商材ビジネスの場合、人気の高い情報商材を一つ作ることができれば、ほとんど労力をかけなくても儲けを得らるようになります。

情報商材が販売する商品は情報なので、商品の在庫を心配する必要はありません。

そのため、効率的に稼げるビジネスとして注目し、情報商材をしている人が多くいます。

ただし、情報商材の中には、全く中身のない情報商材も存在するため、注意が必要です。

情報商材は実際に購入するまで中身を閲覧できないため、購入後に返品したいと訴える人もいます。

ある程度の内容がまとめられていても、金額が高い情報商材の場合、購入者が詐欺だと感じるケースもあります。

情報商材のやり取りではトラブルも目立つので、十分に気をつけなければなりません。

情報商材の詐欺の事例

情報商材の詐欺の事例としては、さまざまなものがあります。

例えば、Instagramで情報商材に関する広告を掲載し、LINEアカウントを通じて情報商材を購入させるという手口があります。

顔の分からない相手とむやみに個人的なつながりをもつことは避け、慎重に吟味したほうがいいでしょう。

また「ブログを作ってTwitterで集客すると大金を稼げる」といった内容を2万円ほどで販売しているケースも見られます。

しかし、情報商材の通りに作業しても、実際にはほとんど稼げないのが実際のところです。

さらに、大阪市では、2016年1月にwebシステムの販売を行う会社の社長が、マルチ商法詐欺で逮捕された事例もあります。

大学生に「ネットビジネスで儲かる」と言い、webシステムに関する商品を約76万円で売りつけたというものです。

この手口により、会社の売り上げは総額1億7000万円にも上りました。

また、横浜市戸塚区のコンサルタント会社の社長と社員がバイナリーオプションに関する情報配信サービスを販売した事例もあります。

この事例では、最終的に特定商取引法違反による逮捕にまで至っています。

情報商材の詐欺の事例としてはさまざまな手口があるため、常に細心の注意を払う必要があるでしょう。

情報商材を悪用した犯罪で適用される法律は?

情報商材の中には、役立つ情報を正しく提供しているものも少なくありません。

しかし、情報商材の販売方法によっては、法律違反として逮捕されるケースも存在します。

例えば、情報商材の宣伝の仕方によっては、特定商取引法違反とされる場合もあります。

特定商取引法には、誇大広告等の禁止の項目があり、実際の内容とは異なる大げさな表現を用いた広告はしてはならないと定められているのです。

お金儲けのノウハウに関する情報商材の場合、「絶対に儲かる」や「利益保証」などの言葉が広告に使用されていると、特定商取引法違反に該当する可能性があります。

また、情報商材によっては、詐欺罪に該当する場合もあります。

詐欺罪が適用されるのは、誇張した情報や虚偽の情報を消費者に伝え、金銭や財産などを受け取った時です。

詐欺罪と判断された場合は、10年以下の懲役を科されるケースもあります。

情報商材を見分ける時のポイント

詐欺商材を避け、優良商材だけを選ぶにはどうすればいいのでしょうか?

ここでは、優良商材と詐欺商材の特徴を紹介し、それぞれを見分けるためのポイントを説明します。

優良商材の特徴

情報商材の中身は実際に購入するまで確認できないため、基本的に優良商材を見分けるのが困難です。

しかし、第三者からのレビューを確認すれば、優良商材かどうかを簡単にチェックすることができます。

すでに購入した人からいい評価が多く寄せられている情報商材は、優良商材である可能性が高めです。

もちろん、実際に自分に合う内容であるかを正確に判断することはできませんが、レビューは情報商材を選ぶ際の重要な情報源の一つとなります。

また、優良商材を見分けるためには、情報商材のランディングページに誇張表現がないかをしっかり確認することも大切です。

例えば、「誰でも簡単に稼げる」といった大げさなフレーズが使われておらず、誠実な説明が記載されているなら、優良商材である可能性が高いでしょう。

情報商材の販売者が過去に実績を上げている場合も、優良商材であるケースがあります。

Googleなどで検索し、販売者の情報をチェックしてみましょう。

加えて、審査が厳しいことで有名なインフォトップで扱われている情報商材は、ほとんどが優良商材です。

詐欺商材の特徴

詐欺商材には、いくつか共通点があります。

まず、詐欺商材のセールスレターには絶対や確実などのワードが使われていることがほとんどです。

詐欺商材は明確な根拠がないにも関わらず、消費者の不安を煽ったり、焦らせたりするようなワードが数多く並べられています。

そうしたワードを見ると、つい心配になってしまいますが、落ち着いて冷静に判断する必要があるでしょう。

また、ギャンブルや投資、お金儲け、副業などに関する情報商材には、詐欺商材が多い傾向があります。

もちろん、中には優良商材も存在するため、これらのジャンルの情報商材は購入してはいけないということではありません。

お金を増やすための情報商材を購入するときは、慎重に吟味するようにしてください。

なお、詐欺商材の中には「返期保証有り」と記載しているにも関わらず、返金に応じないものもあります。

この場合、返金を依頼すると「うまくいかないのは情報商材の通りに実行していないため」などとされ、返金に応じようとしません。

返金保証がついているとしても、安易な購入は避けたほうがいいでしょう。

情報商材は信用できるものを選ぶ

情報商材を購入する際は、信用できるものを慎重に選ぶ必要があります。

優良商材を選ぶためにも、購入前に第三者のレビューを参考にしたり、審査が厳しいASPを利用したりしましょう。

万一、詐欺商材を購入してしまった場合は、速やかに販売元へ返金を依頼しましょう。

スムーズに返金してもらうためには、販売元とのやり取りについての記録をきちんと残しておくことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました