稼げる副業を見つける為に、必要なビジネスマインド4選

この記事は約4分で読めます。

副業を探す前にすべきこと

個人でも副業をする人が増えており、クラウドソーシングサービス「ランサーズ」が発表した調査によると、2016年から2017年の1年間で42万人もフリーランスになる人が増えているそうです。

しかしやみくもに副業を探したとしても、建設的ではありません。

まずは以下を考えることが近道です。

■副業する目的

最初に副業をする目的を考えます。

「将来のために貯金したいから」「プチ贅沢をしたいから」「飲み代が欲しいから」などなど、なぜ副業をしたいのか?を明確にすることで、やりたい副業の形が見えてきます。

■目標金額

次に、いつまでにどのくらい稼ぎたいのか?を考えていきます。

月1万円でOKなのか、月20万円なのかで動き方も変わってくると思います。

可能であれば、いつまでに、いくら稼ぎたいかを考えてみましょう。

■時間の使い方

そして時間の使い方です。

現状、自分はどのくらい時間を捻出できるのか?

サラリーマンであれば、平日の日中は基本的に仕事をしているので、平日の朝・夜か休日ということになるでしょうし、主婦やフリーランスであれば、多少時間の融通は聞くかもしれません。

■自分の特性を知る

最後に、自分の特性を知ることです。

実は副業で稼ぐにあたってここが一番大事なポイントです。

なぜなら、いくら稼げると言われる副業でも、自分が苦手だったり、全く興味がないことであれば長続きしないからです。

誰でも、簡単に、スキルいらずで稼げるものは、やはりそれなりの金額しか稼げません。

それでもいいならOKですが、月数万円以上稼ぎたいなら、その副業について詳しくなる必要があります。

そのため、継続することが副業で稼ぐ一番の近道です。

自分がどんなことに興味を持ち、特性があるのかいまいち明確ではない人は、まずはいくつか試してみることから始めるのも手です。

今、リアルに稼げる副業は

■オンライン投資

主にスマホを使って、株式投資・FX・仮想通貨などで稼ぐ方法です。

仕組みを理解して運用すれば、実労働いらずで稼ぐことができます。

ただし、しっかりと資金管理をしないと資金を失う可能性があります。

投資は取り組み方がたくさんあり、それこそトレーダーとして画面に張り付いて秒単位で取引を行う短期取引から、年単位で投資する長期取引まで。

空き時間に行うなら、数時間単位や数日単位での取引方法を試してみるのがいいでしょう。

■代行業

誰かの代わりにサービスを提供する副業です。

例えば運転代行や家事代行、ベビーシッター、クレーム代行業などがあります。

これは誰かの「めんどくさい」「イヤだ」「時間がない」というニーズに応えるもので、感謝をされることも多いです。

■クラウドソーシング

クラウドソーシングは、企業や個人がネット上で不特定多数の人たちに呼びかけて、受注者を探す仕組みです。

仕事をお願いしたい人と仕事をしたい人をマッチングするプラットフォームのようなものですね。

ここでご自身ができそうな仕事を探して応募し、受注できたらそこで仕事が獲得できます。

ジャンルは多岐にわたりますので、自分のスキルアップしながら時間と場所を選ばずに仕事をしたい人は最適です。

■せどり

せどりとはモノを仕入れて売ることです。

いわば商売の基本ですよね。ポイントはなるべく安く仕入れて、高く売ること。

今はヤフオクやAmazon、メルカリなど個人でも出品できるサービスがたくさんあるので、個人で利益を出すことが十分可能です。

せどりには仕入れ、値付け、販売までビジネスの基本が詰まっていることから、本気でやればビジネススキルも高まっていきます。

■アフィリエイト

自分のサイトを持ち、そこで商品やサービスを掲載し、広告主から報酬を受け取る方法です。

しっかりとマーケティングをし、どんな人にどんな価値を提供するサイトなのか? から設計していく、言ってみればWebメディアビジネスです。

ちゃんと腰を据えてやれば稼げますが、楽に稼ごうとすると全然稼げません。

アフィリエイトをやるとWebマーケティングの一連のスキルが身につくので、こちらも将来のキャリアとしてやっておいて損はしません。

以上、リアルに稼げる副業を厳選してお伝えしました。

大事なのは、ご自身が興味を持って続けられるかどうかですので、是非自分に向いている副業を探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました