“成功し続ける”コツは?

この記事は約4分で読めます。

「成功者」「お金持ち」と聞いて、どんな人を連想するでしょうか。

「高収入の人」「名前が売れている有名人」「働かなくても生きていける立場の人」…。

このようなイメージを持っていないでしょうか。

しかし、それは正しい認識とはいえません。

なぜなら「今年1億円稼いだけど、翌年1円も稼げなかった」「一世を風靡したが、その後忘れられてしまった」といったように、成功やお金は絶えず変化する可能性があるからです。

真の成功者、真のお金持ちとは「成功し続ける人」「お金を持ち続けられる人」のことなのです。

成功し続ける、お金を持ち続けられる人は何が必要なのでしょうか。

デキる人は“進化し続ける人”

成功し続ける人、お金を稼ぎ続ける人とは、一言で言えば「進化し続ける人」のことです。

社会や世界は絶えず変化し続けています。

そして、人類の歴史をひも解いてみると「テクノロジーは不可逆的に進む」という特徴が見えてきます。

人類は一度、便利で快適なものを手にすると、それがなかった時代には二度と戻ることができないのです。

世界が変化を続ける中で重要なのは、世界の変化と進歩に追いつき、そして追い抜いて先駆者であり続けるための努力であり、お金持ちとはその努力を継続できる人なのです。

そのために必要な勉強、情報、人脈、スキルを開拓することに余念がありません。

情報化社会、AI(人工知能)全盛の今、勉強をして自分をアップデートし続けることでしか、時代の変化についていく方法はありません。

成功を継続するには情熱が一番重要

「恐怖は常に無知から生まれる」とアメリカの哲学者、ラルフ・ワルド・エマーソンは言っています。

まったくその通りで、将来への不安や恐怖はすべて無知から来ているのです。

わからない、不安だからといって何もしないのでは不安が増幅するだけで、一歩も前に進むことはできません。

恐怖を振り払い、誰もが気づかないチャンスを得るためには勉強をすることです。

実際、お金持ちは誰よりも勉強をしています。

勉強と一口に言っても、読書やセミナーに参加するだけでなく、好奇心に惹かれるままに新領域を学び、成果を挙げ続けているのです。

成功し続ける、お金を持ち続けられる人に共通している点があるとすれば、それは「情熱」を持っているということです。

どれだけ知能が高くても、才能があったとしても、情熱を持って夢中に取り組んでいる人が一番になってしまいます。

文章を書くスキルを使って、年収1億円を安定的に稼ぎ出している起業家がいますが、彼は「魂、情熱がこもっている時でないと、読んだ人を震えさせる文章は書けない。

だからとっておきの文章は、自分が熱い想いを持っている時に書くようにしている」と言っていました。

その源泉にあるのは、新しい世界を見たい、自分を向上させ、周囲を熱狂させたいという熱い気持ちがあるわけです。

情熱的に成功し続けるプロセスを楽しむ

よく、お金持ちに対して「もうそんなにお金を稼がなくても良いのでは?」と言う人がいます。

でも、それは誤った疑問です。

なぜなら、お金持ちほどお金のために働いてはいないからです。

夢中に情熱的に取り組んでいる結果、それが人の役に立つビジネスになったという「お金は後から着いてくる」を体現しているからにほかなりません。

もう十分お金を持っていても、さらにビジネスに夢中になっているのは、お金のためではなく、楽しいからなのです。

お金持ち、成功者がお金を稼ぎ続け、成功し続けられる本質は「誰よりも勉強をして自分を向上させ、情熱的に成功し続けるプロセスを楽しんでいるから」にほかなりません。

結局、ロジックは情熱には勝てないということです。

  • やりたい人1万人
  • やる人100人
  • 続ける人1人

というコラムニストの発言が一時期、SNSでたくさん拡散されたことを記憶している方もいると思います。

この言葉の通り、続けられる人とは「1万人に1人の人」です。

でもそれは1万人に1人の知能や才能というより、熱い情熱と挑戦を楽しめる回路の持ち主である、ということなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました