副業を始めるなら、Webライターがオススメ。始め方や収入はどれくらい?

この記事は約7分で読めます。

働き方改革でも推奨されている副業に関して、現在の収入に満足していない方なら、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

今回は、そんな副業の中でライターという仕事を選択した場合の、メリット、デメリットや注意点などをご紹介します。

実際は?副業Webライターのお仕事について

厚生労働省の資料を見ると、副業を希望している雇用者は年々増加傾向にあることが分かります。

その中でもライターという仕事は、いったいどういった魅力や面倒があるのでしょうか。

副業Webライターのメリット・デメリット

メリット

ある程度自分のペースで進められる

ほとんどの仕事が時給制で給与が設定されているのに対し、Webライターは、執筆する記事の文字単価に応じて支払われることが多いです。

そのため、自分のペースで作業を進めることができ、作業途中に気分が悪くなったり、急用などにより中断する必要が出てしまったりする場合でも、さほど気にすることなく仕事をすることが可能です。

幅広い知識を得ることができる

ライターの仕事は、さまざまなジャンルのライティングを依頼されることが多く、美容や求人、不動産、投資など。今まで興味の無かった分野でも、ライティングしながら知識を得ることが可能です。

ある意味、それだけライターという仕事には、情報収集が欠かせないということでもあります。

文章力が向上する

やはりライターとしてライティングし続けていれば、文章力は向上します。

しかし、文章力というものは、ライティングの面だけでなく、ビジネスの面で幅広く役立つスキルだと言えます。

メールなどのやり取りを含め、日本語の綺麗な人の印象は良いものです。

キャリアアップも狙える

一見、1人で黙々と作業するように思えるライターという仕事ですが、実はキャリアアップも狙えます。

ライティングをし続けることで編集能力や構成能力が身につきます。

仮に、副業ではなく本業としてライターを目指す場合ももちろん、企業へ勤める場合でも、編集者やメディア運営者などの担当を任せてもらえる可能性があります。

デメリット

一方、ライターならではの苦労もあります。

納期が付きまとう

先ほど、自分のペースで進められる仕事とお話ししましたが、作業をいつまでも先延ばしにして良い、というわけではありません。

記事それぞれに納期が決まっており、その納期までの作業ペースを自身で決められるということ。

そのため、案件を受ければ受けるほど、その納期に合わせて自身のスケジュールを決める必要があります。

よって、あまりカツカツにスケジュールを組んでしまうと、納期に追われる毎日になってしまいます。

案件により報酬に幅がある

前述の通り、ライターの仕事は文字単価で報酬が設定されています。

この文字単価に幅が結構あるんです。簡単なライティング業務は、やはりその分文字単価も低くなるため、このような案件ばかり引き受けていると、報酬も少なくなってしまいます。

案件の単価と作業量を考えながら、ライターとして仕事をする必要があります。

副業Webライターが稼ぐ金額目安

先ほどからお話ししている、文字単価の算出方法を簡単にご紹介します。

未経験からでも行えるような、簡単なライティング業務であれば、1文字あたり0.1円などで設定されている案件もあります。

また、専門性の問われる案件であれば、10円以上で設定されることも。

どういった案件をいくらで受けるかは、自身とクライアントで決めるのですが、算出方法としては

(例)210,000円=1文字2円で3,000文字×5記事×7日

といった具合です。

未経験からいきなり、文字単価2円を支払ってもらえるかは分かりませんが、自身のライティングスキルを磨くほど、クライアントへの金額交渉もしやすくなりますよ。

そのため、日々自身のライティングスキルと向き合い、文章の綺麗な記事を読んだり、目を引くコピーライティングについて勉強したりなど、スキルアップを目指しましょう。

Webライターを始める3ステップ

では、実際にライターとして仕事を進める流れをご紹介します。

ライティングの基礎学習をする

文章作成や記事構成に関する本や記事を読む

先ほども触れましたが、ライターとして仕事をするのなら、最低限の文章作成能力が必要となります。

文章の内容に合わせて、どういった構成にすると読まれやすいか、どういった言い回しにすると目を引くのかなど、以下のような記事を参考に、基本部分を抑えましょう。

クラウドソーシングに登録する

ある程度、ライティングについて知ることができたら、次は案件探しです。

未経験からでも簡単に始められるような案件を探すなら、クラウドソーシングサイトへ登録してみてください。

クラウドソーシングサイトへ登録することで、ライターを探している企業の案件を、一覧で確認することができます。

しかし、簡単に案件が見つかる一方、クラウドソーシングサイトの場合は、報酬発生時に運営もとに仲介料を払う必要があるため、本来受け取れる報酬額より低くなってしまうことは考慮しておきましょう。

もし、仲介料に懸念がある場合は、弊社のようにライターを募集している企業へ、直接応募するのもありです。

案件を受ける

案件まで見つかれば、躊躇せずに受けてみましょう。

ライターの仕事は、勉強だけではスキルアップできません。

やはり実際にライティングしてみて、その記事を第三者からフィードバックしてもらい、修正改善していくことで、磨かれる部分が大きいものです。

もちろん、どんな案件でも受けられるというわけではないので、先ほども触れたように、未経験からでも受けられるような案件を探し、受けるようにしましょう。

案件名に「未経験可」など、記載されている案件から受けてみると安心です。

副業ライターとして働く前の注意点

これまで副業ライターとして働くことを前提にお話ししておりましたが、政府が副業を推奨していても、まだまだ禁止している企業は存在します。

バレなければ問題ないと思われる方いるでしょうが、バレた場合のリスクを考えると、副業はしないほうが良いでしょう。

副業がバレた際、上司から注意される程度ならまだしも、中には左遷や解雇通告を受けたケースもあるようです。

こうなってしまうと、自分のみならずクライアントへも迷惑がかかることを、忘れてはいけません。

副業を始める場合は正直に企業へ報告し、問題が無いか確認したうえで始めるようにしましょう。

Webライターとしてのステップアップ

最後に、ライターとしてステップアップするために必要なことをご紹介します。

副業であっても、せっかくライターを始めるのであれば、少しずつでも単価を上げていきたいです。

ただ、前述でご紹介した通り、経験やスキルが無ければ、単価交渉も難しいです。

そのため、ライティングのみならず、SEOや画像作成など、ライティング作業と合わせて作業が行えるスキルも学んでおくと良いでしょう。

SEOを考慮しながらライティングが行える。

記事内にオリジナルの画像を差し込める。

など自分にしかできないスキルが加わることで、クライアントは他のライターへ依頼するよりも、あなたへ依頼するメリットが出てきます。

このようなメリットを加えられるようになることで、価格交渉も簡単になります。

また、1つの案件を継続的に行うことも重要です。同じ案件を続けることで、単発の案件よりも情報を収集する時間や量が変わってきます。

そのためこちらも、他のライターよりも案件知識のある、あなたへ依頼するメリットが生まれるので、同様に価格交渉がしやすくなるのです。

これらは価格交渉のみならず、新規で受ける場合も同様に、自身のアピールポイントとなるため、高めに価格設定している案件も、任せてもらいやすくなります。

まとめ

働き方改革の施行により、副業を解禁する企業も、副業を始めたいという人も増えてきました。

今回は副業ライターにスポットを当てて紹介しましたが、他にも様々な仕事があります。

ライターとしての仕事に魅力を感じたのであれば、まずは月に1記事からでも、初めて見てはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました